平成20年4月より実施されている特定健診制度(メタボ健診)により、「生活習慣病」が注目されています。特に糖尿病患者さんの増加が顕著な中、当院では、これまで以上に質の高い糖尿病診療を行うため、金曜日午前に新宮院長の診療による予約制の糖尿病専門外来を実施しています。

※毎金曜日午前診では、一般外来診察も実施しております。
※他の診察時間帯においても、これまで通り、糖尿病診療についての御相談を受け付けております。

糖尿病専門外来のお問い合わせ・ご予約

初診の方、転居、勤務地の都合で当院をご利用の方、健康診断で要受診の判定があった方等、どうぞお気軽に来院下さい。電話でのご予約を承ります。
ご予約:TEL:06-6531-3038

糖尿病専門医について

糖尿病専門医とは?

糖尿病専門医は、増え続ける糖尿病と糖尿病が原因となっておきる様々な合併症の治療について、高い能力を持つ医師として日本糖尿病学会が厳しい審査基準をもって選考し認定した医師のことをいう。糖尿病専門医になるためには、糖尿病治療の具体的な実績と高い医療知識を持っていることが必須条件になっている。

(雑誌記事より引用)

糖尿病専門医の条件

  1. 日本国の医師免許証を有し、医師としての人格および識見を備えていること。
  2. 連続3年以上、糖尿病学会員であること。
  3. 認定内科医研修の課程を終了後、あるいは小児科認定医研修の課程を3年以上終了後、学会認定の教育施設において3年以上の期間にわたって糖尿病臨床研修を行っていること。
  4. 日本内科学会の認定内科医、または日本小児科学会の認定医として認定されていること。
  5. 糖尿病臨床に関する、筆頭者としての学会発表または論文が2編以上あること。
  6. 入院糖尿病患者40症例以上(ただし、小児では10症例以上)の治療経験を有すること。

(日本糖尿病学会規定より引用)

糖尿病生活療養指導のご案内

糖尿病は、合併症が全身に及ぶ病気です。さらに、長期間にわたる生活習慣管理・治療が必要な病気です。
医師一人だけで、充分な指導や管理を長期にわたり継続していくことは、困難です。そのため、糖尿病に関わる各職種のスタッフがチームを組んで、「チーム医療」で取り組んでいくことが必要です。
治療の主役は患者さん御本人ですが、治療効果を上げるための助言・指導の主役は、医師ではなく、糖尿病に関わる各職種のスタッフで構成された「糖尿病療養チーム」であるべき、と考えます。
定期的な診察・検査を受けると共に、生活全般に関する定期的な面談、調査を実施することで、糖尿病と共に歩む生活についての課題、問題点をより広く、深く把握して、具体的な解決方法への手がかりにつなげていきたい、と思います。

ページTOPへ